普段はあまり縁のない貸し倉庫ですが

貸し倉庫というとどのようなものを連想しますでしょうか。おそらくは利用したことがない方が多いでしょうから、なかなか想像できないかもしれません。倉庫といっても様々で、空き地に積んであるコンテナだったり、元が倉庫なのを個人用に仕切ったもの、そしてビルの一区画を利用したタイプのものといった様々なタイプのものが用途別にあるんです。でも、これらはどういった時に利用するものなのでしょうか。いくつかの例を紹介します。

新築時や改築時の一時的な家具の片付けに

家を新築したりするために一時的にアパートに住むような場合、元の家の家具はどこにしまっておけばいいのでしょうか。預かってくれる家や親戚がいればいいのですが、家一軒分の荷物となればかなりの量になります。なかなか置ける場所があるような家はありませんので、こういった場合に貸し倉庫は便利な預け場所になるのです。雑に扱うわけには行かないものも中にはあるでしょうが、その手のものを分けてセキュリティのしっかりした貸し倉庫に分けて預けることもできるのです。

趣味や仕事のためにも使えるんです

趣味でやっていたことから始まって、何かを作って売る事になったりした場合、在庫をどこに置くのかが問題になるのではないでしょうか。小さなものでも在庫のストックともなれば結構かさばりますし、大きなものであれば尚更です。一室を作業場として確保できるのであればいいのですが、アパートなどの場合には難しいのではないでしょうか。そういった場合に在庫置き場や作業スペースとして貸し倉庫を利用している人もいたりします。また、家でやると煙たがられるような趣味のスペースとして使っているような場合もあるんです。

3PLは、サードパーティーロジスティクスのことを言い、物流の最適化、効率化を実現するシステムのことです。