売れない営業マンは、単なるコストでしかない

法人や地方公共団体など組織には、総務部・経理部・事業部など様々な部署があり、専門的な業務を担っています。その中で、見込み客に自社の商品(サービス)を販売するのが営業部です。営業部は、組織の売り上げに直結する部署であるため、優秀な人材を確保できれば売上アップに繋がりますが、確保できないと組織が傾く事態に発展する恐れもあります。総務や経理の仕事は、入社後、ひとつひとつ経験を積むことでスキルを高めることが可能ですが、営業や開発の仕事はセンスが大きく影響するので、ひとつひとつ経験を積んでも売上アップに繋がるとは限りません。

センスのない者に営業は務まらない

総務や経理の仕事は、誰から見ても業務の進行具合が分かりますが、営業の仕事は商品が売れなければ認められることはありません。どんなに頑張っても、商品が売れなければ何もしていないと同じことなので、企業では新入社員を営業職に就かせ営業センスの有無を判断、営業センスがあれば育て、なければ他の部署へ移動します。このプロセスは売上に繋がらず、コンスタントに営業の仕事がない企業にとっては大きな負担になっています。この負担を軽減するのが、営業のプロ集団からなる営業代行業です。

使い勝手の良い営業代行業

営業代行では、営業に特化した業務を担っているので、売上が伸びず営業を負担と感じている企業にとっては救世主になること間違いありません。アウトソーシングの形を採っている営業代行は、売上が伸びなければ契約を解除することも可能なため、コストを抑えることができれば利益に繋がります。新入社員にとっては営業代行員から営業ノウハウを吸収することが出来、ベテラン営業マンにとってはカンフル剤としての効果が期待、企業としては営業代行という新しい血を投入することで活性化が図られます。

営業には第一に総合的能力が必要です。士業やIT関係などの専門職はどちらかと言うと営業が苦手です。これらの専門職の営業的部分を代行するのが営業代行です。これを業務としている法人等も存在します。