起業するときの準備とは

自営業になろう、つまりは独立をしようと思っているのであれば、基本的にはまずは税務署に申請をすることになります。これは青色申告をする、と言うことです。申告をすればとにかくそれでよい、ということではないのですが、基本的にはやっておくべきでしょう。具体的には帳簿を複式簿記でやらないといけない、という義務が発生しますが、それでも十分にメリットはあります。年間、65万円の控除を受けることができるようになるからです。

自営業者としての自覚

当たり前ですが所属する企業がない、ということになります。つまりは、どうしても守ってもらうことができなくなります。その点をよくよく自覚しておいたほうがよいでしょう。すべてが自営業者である自分の責任であり、すべてが自分の物になります。ですから、基本的にはかなり大変ではありますが、それでもやってみる価値はあります。独立して働く、独立独歩で生計を立てることに誇りを持つことができるようになるのは確かでしょう。

コネなどはすべて使うことです

独立する前には何か仕事をしていたことでしょう。その時のコネがあれば活用することです。コネというと色々と語弊があるのですが、要するに自分の信用を使いましょう。これは自営業者としては当然のことであるといえます。そうすることによって、少しでも売上を伸ばすことができるようになるでしょう。自営業というのはすべてが自分自身で決めて、誰かに頼ることは難しいのです。コネなどがあればそれを活用するの当たり前であり、それは自覚するべきです。

フランチャイズの利点は、気軽に自分の店を持つ事ができる点です。やりたい事がはっきりしないけど自分の店を持ちたい人にはぴったりです。